ペットを飼う際には、あると便利なグッズを揃えておこう

愛犬のリハビリに

犬用の車椅子の現状とは

家族の一員であるペットの健康には、特に気を付けているという飼い主さんは多いです。 医療の進化や健康診断の受診率のアップ、ペットフードや手作りの料理を食べさせる事なども、犬の平均寿命を延ばす大きな要因の1つです。 そこで犬に多い腰や足など神経に、深く関係するような痛みを抱えてしまった時は、我が子同然の犬は走るどころか、起き上がる事もつらいような症状を抱える事もあります。 そんな人たちにまた歩ける幸せを届けてくれると話題なのが、事故や病気などで歩く事の出来なくなった犬用に、車椅子を制作するという商品です。 この犬用車椅子は、1匹ずつ違う体型に合わせてオーダーで微調整を施すタイプの商品が多い為、値段は他の歩行補助商品などとは違い高額になるケースが多いです。 価格も犬種の大きさによっても違いますが、20000円程から40000円程が相場であると言えます。 その基本料金に犬の体調などに、配慮した改良などを施す場合には別途料金がかかります。 自作やオーダーメイド、またレンタルなど車椅子の選択肢も広くなっています。

全ては走り回れる様に開発を

犬用の車椅子の歴史は、約20年前程から商品として販売されてきました。 最初は機能性や装着性など、細かな部分まではチェックが行き届かず、また細かい修正点などを見つける事も難しかった為、かなり商品としては改善を必要としました。 最近では歩きやすい様に、足の付け根の部分にクッションを持たせて長時間装着しても痛みを感じない作りにしたり、車椅子としての機能性を上げていった事で、多くの飼い主が犬の為にと商品を依頼する流れが増えてきています。 またオーダーメイドで商品を依頼するのではなく、自作で車椅子を制作するといった人も多く見受けられるようになり、ますます体に負担がかからない車椅子選びが出来るような傾向にあります。