ペットを飼う際には、あると便利なグッズを揃えておこう

愛犬のリハビリに

愛犬の歩行機能が低下してしまった場合などには、犬用の車椅子を利用しましょう。犬用の車椅子を利用することで愛犬の自立が可能となり、またその機能改善のためのリハビリにも繋がるのです。

犬用車椅子を知る

人間と同じような病気に犬もかかってしまいます。犬の病気についての症状や改善法についてはこちらを参考にしましょう。

愛嬌のある容姿で癒やしてくれる存在です。フレンチブルドッグのブリーダーを探して可愛い子犬と出会いましょう!

人間と同じように、犬も交通事故や脊椎の疾患、脳障害などによって身体に何らかの麻痺が発生したり、高齢になるに連れ筋力が弱ってしまう場合があります。
このような自力で立てなくなった場合に犬用車椅子を利用する価値があるのです。
ベルトなどで身体に車椅子を固定して使用しますが、人間のように犬は手を使って車輪を回す事が出来ません。
人間が変わりに押してあげたり、問題の無い足を動かしたりすることで移動が可能となります。

昨日までは問題なかったのに、ある日を堺に元気が無くなって急に歩行が出来なくなるといったことは、どの犬にも起こりえる問題です。
そのような事態になってしまった場合、歩けなくなった犬自身にとっても苦痛であり、飼い主にとってもその介護を必要とされるため、大きな負担となってしまう場合があります。
このような場合に犬用の車椅子を利用することで問題を解決することができると言えます。
歩行が困難になっている問題が何なのかにも左右されますが、犬用の車椅子を活用することでリハビリにもなり、足が動かなくとも移動が可能になることで犬自身にとっても、飼い主にとっても良い結果となります。
犬用車椅子を使用することで、犬自身が好きなところへ移動することできるようになることは、犬にとってもとても嬉しいことと言えます。
この車椅子の利用により、機能しなくなった足を引きずってしまうことで起こる擦過傷などを防止します。また、違う向きにあった足を正しい位置に戻すことで神経障害の麻痺の場合、その回復を助ける効果もあると言えます。
身体を動かすことで筋肉にも刺激が入り、全身の機能改善に効果があるのです。

車椅子使用時の注意点

愛犬に犬用の車椅子を使用させる場合にはいくつか飼い主が気をつけなければならない点があります。使用する場所や、愛犬の負担を考慮しながら安全に使用させる必要があるのです。

犬用車椅子の種類

犬用の車椅子にはそれぞれの持つ問題に合わせて作成されたもがあります。愛犬の状態に合わせて、車椅子を選びましょう。そうすることで愛犬にとってより生活が楽なものとなるのです。